最も完璧な 日本海軍 500円クーポン発行中!NHKスペシャル 400時間の証言 全3枚セット DVD-BOX-その他



ラッピング選択可
※ラッピングのご注意点
・商品個々の包装は承っておりません。


「本当の事実を後世に」
日本海軍のエリートたちによる告白とは――

1980(昭和55)年から11年、130回余りにわたり、かつての日本海軍の参謀たちが密かに集い、議論を重ねていた。
「海軍反省会」。
NHK取材班が入手した400時間分の録音テープの中で、
元将校たちは当事者でしか知りえない事実を語っていた――。
2009年に放送し、大きな反響を呼んだNHKスペシャル、待望のDVD化。

【収録内容】
第一回 開戦 海軍あって国家なし
「海軍反省会」。戦後35年が経過した昭和55年から11年間、海軍の中枢・『軍令部』のメンバーが中心となって秘密に集まっていた会合である。70~80代になっていた彼らは、生存中は絶対非公開を条件に、開戦に至る経緯、その裏で行った政界・皇族・陸軍などへの働きかけなどを400時間にわたって仲間内で語っていた。戦争を避けるべきだと考えながら、組織に生きる人間として「戦争回避」とは言いだせなくなっていく空気までも生々しく伝えている。

第二回 特攻 やましき沈黙
人の体を兵器代わりにして体当たりする”特攻作戦”。これまで現場将兵の熱意から始まったとだけ伝えられてきた。しかし、海軍反省会のテープは、「神風特別攻撃隊」の一年以上前から『軍令部』が現場の熱意とは別に、組織的に計画、特攻兵器を作り続けてきたことを赤裸々に語る。さらに『軍令部』の元参謀は「特攻」はあってはならない作戦と自覚しながらも、その計画を推進してきたことを証言する。

第三回 戦犯裁判 第二の戦争
戦後行われた極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判。戦争指導者として文官一人、陸軍関係者6人が絞首刑となったが、海軍関係者の被告は終身刑。その後釈放された。
「海軍反省会」では、海軍という組織を守るため、水面下で海軍トップの裁判対策を組織的に行っていた事実を詳細に語っている。勝者の裁きに対抗するため彼らが行った活動とはどのようなものだったのか。海軍が解体された直後に出来た組織、第二復員省。海軍の頭脳と言われた軍令部の参謀の多くが戦後ここで裁判対策を担った。戦争の責任に海軍の中枢にいたエリートたちはどのように向き合ったのか。

【封入特典】
・解説ブックレット

○2009年 収録

*DVD3枚組/収録時間117分/画面サイズ16:9/ステレオ・ドルビーデジタル/カラー(一部モノクロ)

NHKスペシャル 日本海軍 400時間の証言 DVD-BOX
⇒単巻⇒
 第一回 開戦 海軍あって国家なし
 第二回 特攻 やましき沈黙
 第三回 戦犯裁判 第二の戦争